シーゲルの退職、転職ブログ

退職、転職、引越し、現在の仕事、ブログについて書いています

https://www.shiigeru.com

トラックドライバーに学ぶ雨の日の運転のコツ

雨の日は道路が見づらく

運転しにくいですよね。

特に雨降りの夜は見づらい!

 

f:id:jp7qma:20200225224929j:image

 

自分なりに考えたり、

聞いたりしたコツについて書きます。

ご参考までにどうぞ。

 

大きい道路を走る

晴れの日ももちろんんですが

信号も歩行者も少ないので

リスクが少ないです。 

 

寄り道をしない

寄り道をすると

駐車、バック、発進と

それだけリスクが高くなるので

目的以外には運転をしない。

 

速度を標識速度以下に落とす

雨の日は制動距離も伸びるので

速度を落とします。

他の車も条件は一緒なので後ろに

付かれても気にせず

気になるようなら適当な所で譲りましょう。

 

車間距離を取る 

車間距離を十分にとり、

間に入られても気にしない。

 

色眼鏡やバイザーを使用する

黄色系のバイザーを使用すると

対向車のライトの眩しさが

気持ち軽減されます。 

 

左側のラインを見る

先輩ドライバーから聞いたのですが

左のラインを目安に走ると

対向車のライトがあまり

気にならないとの事です。 

 

まばたきする

強く瞬きをすると何だか

気分がリフレッシュできます。 

でも、長時間目をつぶってしまうと

危険ですよ! 

 

最後に

運転する人が注意することが

一番大切ですが・・・

歩行者の方は、車からは全く

見えていません。

特に暗めの色の服装の方は

景色と同化しています。

明るい色の洋服や帽子を身に着ける。

反射材を身に着ける。

ライトを持つ等して

老若男女、お子様や、ペット、

野生動物(野生動物に反射材を

着けるのは無理ですが・・・)も含め

交通事故が無くなるように

していきましょう!