シーゲルの退職、転職ブログ

退職、転職、引越し、現在の仕事、ブログについて書いています

https://www.shiigeru.com

トラックのオイル交換

オイル交換の時期

前回換えたのが11月で69万キロ。

今回74万キロで交換したので約5万キロです。

先輩ドライバーは「まだ早い」って言われたけど・・・

会社には3万キロ程度で交換と掲示してありました。

次回は78万キロが丁度地球と月との往復の距離なので

交換しようと思います・・・というか交換してしまいました。

 

車体を持ち上げる

まずは車体の下に潜り込めるようにします。

⇊便利ですね!
f:id:jp7qma:20200221203623j:image

 

オイルを抜く

運転席をキャブチルト(運転席を上げ)オイルタンクのキャップを開けます

先輩ドライバーはキャブチルトが手間なので

ボンネット側にあるキャップを開けると言っていました。

運転席下とボンネットの2カ所にあります。

 

で、シャーシ下に潜り込んで〇印のボルトを外します。
f:id:jp7qma:20200221203808j:image

 

 ⇊ボルトを外した工具(メガネレンチ27番)

背景のビニールシートは服を汚さない為下に敷いた物。

f:id:jp7qma:20200221204038j:image
ボルトはメガネレンチで緩めたらあとは手で回していきます。

シーゲルは軍手で緩めましたが・・・

すごい浸透力で手が真っ黒になりました。

最後の瞬間はゴム手袋がお勧めです。
そしてボルトはなくさないようにしましょう。

f:id:jp7qma:20200221204014j:image
今回は直接、平たいお皿にオイルを受けましたが
平たいお皿の上にさらに一斗缶などを乗せて受けたほうが

廃オイルの移動時に楽だと、

通りがかりの先輩ドライバーが教えてくれました。

 

オイルを入れる

オイルを抜ききったら、シーゲルはポタポタ程度、

約40分程度でボルトを締め直し

(ボルトとワッシャーも新品に取り替える必要があるようです)

オイルの量は説明書の後ろの方に書いてあったので

新しいはちみつ色の新鮮で吸い込まれそうなオイルを入れて、


f:id:jp7qma:20200221204116j:image

 

オイルの量を確認する

ボンネット裏にあるオイルレベルゲージ

(エンジンオイルの量を測る針金でできたリボンみたいなもの)

で適量か確認してエンジンを少し回して再度確認して 終了。

f:id:jp7qma:20200222200753j:plain

 

 

f:id:jp7qma:20200222200850j:plain

 

 

f:id:jp7qma:20200222200919j:plain

 

ちなみに補充したオイルは説明書の記載量通りでした。

 

次回はオイルフィルターも交換が必要だそうです。

家に帰ったらした指と爪のズ間はもちろん

下ズボンの膝の部分も黒くなっていました。

下ズボンを脱ぐと膝も黒くなっていました・・・。

おそるべしエンジンオイルの浸透力!