シーゲルの退職、転職ブログ

退職、転職、引越し、現在の仕事、ブログについて書いています

https://www.shiigeru.com

サイドマーカーの修理

あまりにサイドマーカーが壊れる回数が多いので

壊れやすい箇所と修理方法がだんだんわかってきました。

 

土台のサビ 

これは土台事交換するしかありません・・・。

 

球切れ

ガラスの中を明るいところで見ると

電球の中でつながっている細い針金が

切れているがわかるので

電球を交換します。

電球はホームセンターやカー用品店で

売っています。

 

配線切れ

一番の多いのが電球のお尻と接する

電極の部分が

ポロっととれてしまうことでした。

下の写真の「ここ」の部分です。

なので「ここ」の配線を下記の工具で

剥き直して

嚙みつぶしオモリで挟んだら上手く

治せました。

初めは針金で引っ掛けたりして

直しましたが

触れてはいけない所に

触れてしまったのか

ショートしたのでオモリを

使用してみました!

 

ご参考までに・・・。

 

⇊釣りで使う嚙みつぶしオモリf:id:jp7qma:20200214215249j:image

 

⇊使用する工具
f:id:jp7qma:20200214215313j:image

 

⇊こんな感じ
f:id:jp7qma:20200214215328j:image

 

f:id:jp7qma:20200214225554j:plain


↓↓2020/3/5追記

通りすがりの先輩ドライバーが

新しく付け替える前に

ここをシーラントやパイプ修理用の

防水パテ等で補修すると

土台が錆びにくくなって良いと

教えてくれました。

試して見ます!

f:id:jp7qma:20200304220806j:plain